2009年08月21日

地デジが到着

7f3a4a16.jpg引越でアナログテレビを処分し、パソコンワンセグのみのテレビ視聴生活を満喫しておりましたが、F1も開幕するし、なぜか敷金が無傷で帰って来たので地デジ対応テレビ購入。
中ぐらいのと大きいのと、値段差は比例しないので大きい方が得なような気がするが、テレビとして使うよりもパソコンにつなげてモニタとして使える事も重要なので、中くらいのを購入。

テレビなど「最も説明書を読む必要のない家電」と思ってた。電源入れてチャンネル切り替えるだけ、みたいな。しかしまあ最近のテレビはどうだ、至れり尽くせりで様々な機能がついててマニュアルが無いと太刀打ちできん。

・番組表が見れる。すごい!
・B-CASなるカードが。なにこれ?よくわからんがとりあえずテレビに突っ込む
・地デジ、テロップの文字がキレイですなあ。
・膨大な数の端子が付いてますわ
・ソニータイマーがちょっと怖い。
・ネットとの接続が難しい。パソコンよりも難易度高いような気がする。
・パソコンにつなぐと左右に黒いとこが出来てしまう
・番組によってワイドなものと、標準なもの(左右に黒)が。

テレビという存在からネットワーク端末への移行期ですな。色々試してみますわ。


Black design
http://www.blackdesign.jp

Black design | FAQ よくある質問とその答え
http://www.blackdesign.jp/blackhtml/q_1.html

Black design | 宣伝・広告・デザイン業界:専門用語辞典
http://www.blackdesign.jp/blackhtml/dic_00.html

Black design
http://blog.livedoor.jp/blackdesign_2004/

Black design ブログ
http://blackdesign.sblo.jp/

グラフィックデザインプロダクション:ブラックデザインのブログhttp://blackdesignblog.cocolog-nifty.com/blog/
posted by hotel at 08:44| 日記

バウハウス・デッサウ展/BAUHAUS experience, dessau

53cb6120.jpghttp://www.bauhaus-dessau.jp/
この度、産経新聞社と東京藝術大学は2008年4月26日(土)から7月21日(祝・月)まで東京藝術大学大学美術館[東京/上野]において「バウハウス・デッサウ展/BAUHAUS experience, dessau」を開催いたします。
本展はドイツ、デッサウ市にて活動を展開するバウハウス・デッサウ財団所蔵のコレクションから日本初公開となる146点を含む、241点を中心に、国内外から集められた260点におよぶ貴重なプロダクト(製品)と資料によって構成されます。バウハウス・デッサウ財団所蔵のコレクションが、これほどの規模で、ドイツ国外で紹介されるのは、例がなく、世界的にみても本展が初の試みとなります。
これまでもバウハウス展は日本において数多く開催されてきました。しかし、本国ドイツのコレクションを基幹とする展覧会は、1995年のセゾン美術館での展覧会以来、国内では13年ぶりの開催となります。また、2009年にはバウハウス誕生90年を記念して、バウハウス・アルヒーフ(ベルリン)やニューヨーク近代美術館/MOMAでも「バウハウス展(仮)」の開催が予定されており、本展はそれに先駆け、バウハウスとその活動の理念を大きく展観する貴重な機会となります。
バウハウスといって広く一般に知られているベルリンのバウハウス・アルヒーフに対し、ヴァイマールとデッサウは東ドイツ圏内に位置していたこともあり、東西ドイツが統一されるまで、実際の建物やその内部、活動の全容が一般に紹介される機会は多くはありませんでした。今回の「バウハウス・デッサウ展/BAUHAUS experience, dessau」では、デッサウ(1925〜1932年)での活動を中心に当時の文化動向や社会情勢との関わりも紹介しながら、バウハウスというデザイン運動の核心とその誕生の起源に迫ります。
当時の先端技術と芸術を融合して本当の意味での機能美、造形美を目指したバウハウス。そしてその造形の最終目的を建築と掲げたバウハウス。閉鎖から75年経った今でも、私たちの生活のなかに確かに息づいているバウハウス・デザインとその理念を、ぜひ「バウハウス・デッサウ展/BAUHAUS experience, dessau」でご高覧、ご堪能いただきたく、ご案内申し上げます。
デザイン・プロダクツのある生活があたりまえになった今、デザインや建築に関する展覧会も数多く開催されています。そんななか改めて“デザインのバイエル”ともいえるバウハウスを知ることは、デザインの原点を知り、昨今のブームから一歩踏み込んで、自分たちの身の回りにあふれるデザインについて考える貴重な機会となるにちがいありません。もし、バウハウスがなかったら、私たちのライフスタイルはどのようなものになっていたのでしょうか。それほど現代の私たちの生活の中には、バウハウス・デザインと理念をルーツとするものが息づいているのです。生活の一部として普及し、発展していった文化としてのデザイン。来年、バウハウス誕生90周年を迎えようとする今、近代デザインの大きな流れを決定づけたバウハウスについて、もう一度、検証する時期が来たといえるでしょう。
【タイトル】
バウハウス・デッサウ展 BAUHAUS experience, dessau
【会  期】
2008年4月26日(土)〜7月21日(祝・月) 月曜休館
(ただし、5月5日(月)、7月21日(月)は開館。5月7日(水)は休館)
【開館時間】
午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
【会  場】
東京藝術大学大学美術館[東京・上野公園]
(〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8)
【観 覧 料】
一般1,400円(1,200円)、高校・大学生800円(700円)



グラフィックデザイナーとしたら、絶対に見に行かなければならない展覧会でしょうね。今から楽しみです。
大学時代にも体系的な部分は学ぶ事が出来たし、ちょっとだけ本を読んだけど、いま思うと浅く広い知識しか得てないバウハウスの事。もう一度、まっさらな気持ちで吸収してきたいと思います。

ワークショップもあるようです。
http://www.bauhaus-dessau.jp/event.html
「英語のみのレクチャー」らしいです。ちょっと残念。聴講だけでもできたら良いのになあ。



Black design | 宣伝・広告・デザイン業界:専門用語辞典
バウハウス
http://www.blackdesign.jp/blackhtml/dic_h1.html#a16


Black design
http://www.blackdesign.jp/
posted by hotel at 08:43| 日記

月刊アドフラッシュ

広告プロダクションやらBOOK OFFに大量備蓄されてる「月刊アドフラッシュ」、サイトを見たら(バックナンバー)を、無料で進呈サービスがあったので会社・学校案内号をありがたく頂戴する。

コマフォトとかは超一流のクリエイティブを選別した雑誌だとすると、アドフラッシュは一般的な泥臭い普通ののんびりした制作物が多数掲載されていて、参考資料としてそれぞれに価値がある。



http://www.adflash.jp/index.html
グラフィックデザイナー、コピーライター、プロデューサー、ディレクター、フォトグラファー、イラストレーター、デジタルプリプレス、プリンティングディレクター、企業の宣伝・販促担当者等、広告の企画、制作、印刷に携わる総ての方々へ広告の現状を把握して頂くため1982年の創刊以来変わらぬ本体価格で毎月最新の広告作品を紹介しています。
ニーズの高いカテゴリーを月毎に約70頁収録。
会社・学校案内、企業広告・CI、シリーズ広告、ロゴ・シンボルマーク・キャラクター、商品カタログ、イベント・キャンペーン、ホテル・レストラン、デパート・流通、DM・案内状、PR誌・フリーペーパー、ハウジング。
最新の駅貼り・店頭ポスター、雑誌広告等からピックアップし、業種別に編集、約40ページ収録。
※掲載業種
食品、化粧品、医薬品、日用品、流通、ファッション、スポーツ、家電、情報、精密機械、事務機器、コンピュータ、レジャー、イベント、サービス、金融、マスコミ、自動車、ハウジング、公共、教養等。
全国の※主要新聞に掲載された新聞広告(カラー約18頁/モノクロ約60頁)の中からピックアップし、業種別に編集。
また、月毎に紹介出来なかった新聞カラー広告を上半期下半期に分けて(6月号・12月号)各70頁収録。
※朝日、毎日、読売、日経(以上、東京版)電波、繊研、日経流通(以上、専門紙)北海道、中日、神戸、西日本(以上地方紙)


Black design
http://www.blackdesign.jp/
posted by hotel at 08:43| 日記

Black design | 美しく効果的な広告制作デザイン

efefb24e.jpgグラフィックデザイン制作・印刷・web制作

Black design : ブラック・デザインは、目黒・品川地区で活動しているデザインプロダクションです。 印刷物全般のグラフィックデザイン/印刷、及びwebデザインのお仕事を承っております。日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)の正会員デザイナーが懇切丁寧に制作いたします。お気軽にご用命下さい。

●受注業務
○雑誌広告、新聞広告 ○ポスター、POP、各種販促物
○カタログ、パンフレット ○会社案内、広報誌、PR誌
○シンボルマーク、ロゴタイプ ○パッケージデザイン
○グラフィックデザイン全般 ○webサイト構築、Flash制作
○印刷(多様な印刷に迅速対応) ○コピーライター・撮影・イラスト対応

参考PDF
http://www.graphic-designer.jp/pdf/design.pdf


Black design
http://www.blackdesign.jp/
posted by hotel at 08:42| 日記

日航の「鶴丸」マーク機がラストフライト

d64d7ea6.jpg日本航空のシンボルとして親しまれた赤い鶴のマークを塗装した最後の国際線となるボーイング767が30日、成田国際空港−中国アモイ間でラストフライトした。
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20080531k0000m040068000c.html

「鶴丸」のデザインは日航が国際線に力を入れ始めた1959年に導入され、02年の日本エアシステムとの経営統合で、太陽をイメージした現在のマークになった。記念行事では歴代の制服を着た客室乗務員が見送り。国内線用の機体も31日、大阪−羽田間でラストフライトの予定で、関係者は「今後も安全運航で“鶴に恩返し”したい」。

日本航空(JAL)のシンボルマークとして48年間親しまれてきた、大きく羽を広げたタンチョウヅルをイメージした赤い丸。日の丸も連想させるデザインは、海外で“日本の顔”の役割も果たした。「海外旅行が一般的でなかった時代、空港でツルのマークを見て、やっと日本へ帰れるとほっとする人もいた」(JAL広報部)



航空界社のシンボルマーク変更は、そのアイテム数の多さから最も大掛かりな案件となる。JALは02年と、その一つ前のCI/VIとも世界的なブランド構築企業であるランドーアソシエイツの手がけたもの。
http://www.landor.com/one/content/blogs/tokyo/index.html

航空機、地上拠点、看板、運用のための車両、ケータリングの容器、など、本当に星の数ほどの変更が必要となる。もちろん一度に変わってしまうのが理想であるが、無駄を出さないために、消耗品は在庫が無くなってから順次新しいロゴの入ったものに入れ替え。飛行機の機体のロゴは、定期的な整備時期に合わせて順次塗り替え。
JASとの統合から動き出し、6年がかりで大きな山をひとつ超えることになりますね。
こういうものは、やはり懐古主義的な気持ちにもなってしまいますが、企業としては色んなものを乗り越えて常に新しいブランディングを考えて行かなければならないもの。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
posted by hotel at 08:42| 日記

2009年01月01日

2009年カレンダー1月2月PDF


あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

Black design 2009年カレンダー1月2月PDFファイル
http://www.blackdesign.jp/archive/calendar/05_A.pdf
http://www.blackdesign.jp/archive/calendar/BlackCalendar.pdf

年末年始のテレビ、
ダウンタウンを見ながら、Perfume見たさに紅白もちょいちょい見る。
背景の映像の使い方、背景ということをわきまえてる作り方で好感が持てる。
携帯とかで投票できるようになってるが、
これだと未来永劫白組が勝ち続けるような。。

東急のジルベスターコンサート、
毎年年越しの瞬間に曲を終わらせるという趣向だが、
今年は小曽根真のピアノでラプソディー・イン・ブルーという選曲。
クラシックも弾くけど基本はジャズの小曽根氏のピアノソロ、
もはや原曲のどの部分なのか見失うほど縦横無尽の素晴らしい演奏。
しかしそれを満喫するより、絶対このペースだと年内に終わんないんじゃ??と
不安に駆られるも、2009年0時0分01秒に無事終了
小曽根「(特殊効果の)リボンが床に落ちる前に終わったから成功ですw」
ツィゴイネルワイゼンは、ヴァイオリンに古澤巌、
それに荒川静香のスケートが加わりこれも素晴らしい試みでした。
指揮者は井上道義さん。後半はロシアを意識した衣装に衣替え。

今晩はウイーンフィルのニューイヤーコンサート。
これも楽しみです。

Black design
http://www.blackdesign.jp/

posted by hotel at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月23日

Snow Leopard 次期Mac OS Xを2009年初めにも発売か

40095b19.jpghttp://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20383968,00.htm
Appleの「Mac OS X 10.6(開発コード名:Snow Leopard)」が、当初の予定をやや前倒しし、
2009年の早い時期(第1四半期)にリリースされる可能性があることがわかった。

http://www.apple.com/jp/macosx/snowleopard/
Mac OS Xは、2001年の発売以来、1000種類以上の革新的な新機能を提供してきました。世界で最も先進的なオペレーティングシステムであるMac OS Xは、次期メジャーバージョンのSnow Leopardで、これまでのような新機能の追加から方向性を変えます。今後1年以内の出荷を予定しているSnow Leopardでは、新機能の追加はいったんお休みし、Leopardの膨大な革新性を基盤にして新しい世代のコアソフトウェアテクノロジーを統合することにより、Mac OS Xをさらに洗練し、パフォーマンスを向上させ、新しい品質のスタンダードを確立します。Snow LeopardではMac OS Xの必要ディスク容量を大幅に縮小することで、ユーザにとってさらに効率的になるともに、貴重なハードディスク容量をユーザの音楽や写真の保存といった本来の目的に利用できるようにします。

こんどは雪豹ですか。
ネコ目ネコ科に属する哺乳動物もいつか打ち止めになりそうな。。

新機能の追加よりも安定性の向上というのは好感が持てます。
Leopardの時点でかなり先進的で充分以上の機能を持つOSだしね。

しかし私がLeopardを導入したのは今年の前半ですよ、
一年もたたずにまたOSに一万五千円も使うのも嫌だなあ(値段は未定)
安定性の向上だけならメジャーアップグレードでなく、
無償のマイナーアップグレードでも良いのでは?とも思えるんですよね、
Leopard購入者には割引などで対応してくれると嬉しいのだが。





Black design
http://www.blackdesign.jp/

posted by hotel at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月20日

自転車の虫ゴムからの空気漏れ

自転車のタイヤの空気漏れが頻繁に起こる。
一時期は屋根のない駐輪場で雨ざらしだったし、
そろそろ寿命かな、と思い自転車屋に見に行ったり
ネットで情報収集したりしてみる。

色々調べると、自転車のバルブには虫ゴムという消耗品があり、
それがスローパンクチャーを引き起こしていたようだ。

そこで100円ショップでバルブ+虫ピン2個セットを買ってみて
取り替えてみると
http://syain.seesaa.net/article/5182523.html
とりあえず快適なタイヤ圧力に。

、ああ自転車も毎日使うもので3万円とかなので、
恐ろしく安いものです。
また現行のチャリの寿命もそう遠くはなさそうですが、
とりあえず、もうちょっと使えそうです。

自転車買おうと思った資金で、一眼レフのレンズを買おうか、などと考え中。

Black design
http://www.blackdesign.jp/

posted by hotel at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Livedoorのブログ有料プラン、投稿できないトラブルが頻発し最悪

Livedoorのブログ有料プラン、投稿できないトラブルがしょっちゅう起こって最悪です。
サーバが貧弱なんだか、お金かけてないんだか。
有料プランなのに、ありえない信頼性だわ。
社員は恥ずかしくないのかねえ??
非常に面倒なんだけど、他社ブログへの引越を検討中。
ここまで作り込んだので、引越できない要素もあるだろうし、
大変な作業になりそうだけど、
信頼できないライブドアと付き合うのもリスク高いしなあ。


posted by hotel at 10:17| Comment(19) | TrackBack(0) | 日記

British Music 08

http://www.ukjapan2008.jp/campaign/artist.html

Rietta Austin
現代的な美声を持つディーヴァ。
http://www.myspace.com/riettaaustin
4オクターブの声域をもつリエッタは、ヴォーカリストとしてずば抜けた才能を誇っている。その個性的でファンキーなサウンドはジョスリン・ブラウン(Joceyln Brown)やアナスタシア(Anastacia)に例えられることが多く、英国のミュージック・シーンから登場した新進ヴォーカリストとして大きく期待されている。「絶対に聴くべき本物の声」(INXSのカーク・ペンギリー"Kirk Pengilly")。


Black design

http://www.blackdesign.jp/


BW

posted by hotel at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記